ベイザー脂肪吸引のモニターで賢くスリムになりました

永遠の課題

永遠の課題 / 翌日には入浴をしてもOK / 美容医術をまた頼ろうと思います

女性にとって自分のスタイルを維持するのは、永遠の課題だといえるでしょう。
私は20代前半まではモデルのようなスリムな体型で、いろんな方から「憧れる」「素敵」だと褒められていました。
自分でもすごく努力をしていたと今でも感心をしており、そのモチベーションを維持するために食べたいものも我慢をしたものです。
たとえば私は中学から25歳になるまで、一度もファストフードやスナック菓子を口にしたことはありませんでした。
周りが食べている姿を見ていても関心がない素振りを演じていましたが、内心は食べたくて仕方がなかったものです。
そんな無理な生活を続けていたとき、新社会人となったストレスから過食症になりました。
最初は菓子パンを1個だけ食べて納得をしましたが、次第に2個・3個と食べる数が増えていき、さらにバターをそのままかじっていることさえあったほどです。
真夜中にコンビニに行って弁当を何個も買って食べる生活をしていたら、わずか半年で体重が15キログラムも増えました。
持っている洋服はすべて着られなくなり、あげくにはもうやせられないという絶望感からさらに過食が進みました。
毎日呆然とお菓子を食べる生活をしていたとき、姉から「今ならまだ昔に戻れる」という言葉を投げかけられたわけです。
その時に見せてくれたのが、ベイザー脂肪吸引モニターという情報でした。